事業案内

Corporate Profile

会社概要(2015年12月31日現在)

社名 エムプロム株式会社
設立 2007年02月05日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長 林田 末昭
事業内容 ワイヤーの製品開発、輸出入及び販売
工業用金網の製品開発、輸出入及び販売
所在地
連絡先
〒220-0011
横浜市西区高島2-3-22 横浜O・Tビル4階
TEL: 045-624-8424
アクセス JR 東海道本線・京浜東北線「横浜駅」徒歩7分
ブルーライン(横浜市営地下鉄)「高島町駅」徒歩3分
みなとみらい線「新高島駅」徒歩5分
地図
大きな地図を見る

Supplier

サプライヤー

主要サプライヤー
Betafence NV (ベータフェンス株式会社)
BETAFENCE
ヒカリ株式会社
Hikari

Customer

取引先

主要取引先 旭硝子株式会社
セントラル硝子株式会社
日本板硝子株式会社
Efficiency Technology Co., Ltd.
Hanion Engineering Co., Ltd.
(五十音順)

Bank

取引銀行

主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大船支店
三井住友銀行 横浜中央支店

代表メッセージ

エムプロムはお客様に「ワイヤーと工業用金網」の最適な製品を提案する会社を目指しています。

弊社は、鉄鋼業界における30年以上の経験を基にして、2007年(平成19年)2月5日に横浜市に設立されたワイヤーと工業用金網を取り扱うグローバルな商社です。

お客様が現在使用されている製品に関して、弊社はコーポレートスローガンである「Design the Solution」に基づきお客様の要求に合わせて最適な製品を提案いたします。

市場が変動する昨今、グローバル化で問題に直面するお客様とメーカーの間でお客様の立場に立って時代の先を見ながら迅速な行動を取ります。

弊社で扱う製品に関して経営資源を成長分野に集中します。住宅及びビル用網入りガラスに使用される特殊溶接金網、建築・土木部門で使用される各種用途の亜鉛メッキ鉄線、及び高品質の樹脂被覆線を提供してお客様のお役にたてるよう努力いたします。

エムプロム株式会社 代表取締役  林田末昭

会社沿革

エムプロムの歩み

日本・世界の出来事

2007年(平成18年)

2月5日
エムプロム株式会社を設立

2月20日
ヒカリ株式会社の代理店契約

4月13日
Betafence NVと総代理店契約

新潟中越沖地震発生

2008年(平成19年)

社内に売り買いシステムを構築し、 輸出入業務を開始
ステンレス製細線を輸入して自動車部品メーカーに販売

金融危機 (100年に1度の大不況)
- 四川大地震
- 第3次オイルショック
- サブプライムローン

2009年(平成20年)

ステンレス鋼線の輸入・販売
を開始

民主党政権誕生

2010年(平成21年)

撚り鋼線の輸入・販売
を開始

1ドル80円の円高時代到来

2011年(平成22年)

高炭素鋼線の輸入・販売
を開始

東日本大震災

ネット革命がチュニジア、エジプト、リビアで発生

北朝鮮の金正日が死去

2012年(平成23年)

工業用金網の輸入・販売
を開始

1ドル75円の超円高時代到来

中国で反日デモ発生

2013年(平成25年)

事業拡大を図るため、「選択と集中」 戦略を推進し、経営資源を成長分野に投入する

べカルト社の販売代理店になり、亜鉛めっき鉄線の販売を開始

自民党政権成立

アベノミクスを推進

日銀の金融緩和策で株高、
円安に進む

2014年(平成26年)

事業拡大のため、事務所を移転

営業スタッフを増員
亜鉛めっき鉄線、開発事業品を拡販する新体制を構築

4月1日
消費税が、5% → 8% に上がる

2015年(平成27年)

新規市場の開拓に取り組む

日経平均株価が15年ぶりに2万円台回復
原油先物価格が急落
北陸新幹線開業

2016年(平成28年)

営業部を強化するため、事務所を横浜駅前に移転

日銀マイナス金利導入
英国のEU離脱
参院選で自公大勝利

ページトップ